良くも悪くも正直レビュー

レビューの鬼

お金活用術

【超おすすめ】コレだけは持っとけ!厳選クレジットカード3選

投稿日:2019年9月17日 更新日:

 

約8分の動画です。

 

何も考えずに発行していいレベルです。

 

是非、ご覧ください。

 

動画の概要

 

  1. リクルートカード
  2. Orico Card THE POINT
  3. P-One Wizカード

 

詳細は、動画をご覧ください。

 

リクルートカード

  • 還元率1.2%
  • 年会費無料
  • 電子マネーに強い
  • ApplePay対応
  • Kyashへのチャージ対象

月間利用額の100円あたり1.2ポイントの還元を受けれるのでポイントロスが少なく貯まりやすい。

最大のメリットは電子マネーに強いところ。

【ポイント付与対象電子マネー】

・JCBブランド
 nanaco(ナナコ)、モバイルSuica

・Mastercard(R) / Visaブランド
 nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

これだけの電子マネーが対象のクレジットカードは多くない。

当然Kyashへのチャージでもポイントが付く。

更にnanacoへのチャージでも1.2ポイント付くので税金の支払いに大活躍する!

バーコード決済が普及している現在において、持っておいて損はないカードだと言える。

 

リクルートカードを発行する

Orico Card THE POINT

  • 還元率1%
  • 年会費無料
  • オリコモールが超優秀
  • ApplePay対応
  • Kyashへのチャージ対象

このカードはポイントサイトのオリコモールが超優秀

  • Amazon 1%
  • yahooショッピング 1%
  • 楽天 0.5%
  • Appleストア 1%
  • ヤマダ電機web 1%
  • ビックカメラ 1%

多くのネットショップで1%還元を受けれる。

特にAmazon1%還元は他のポイントサイトではほとんどない。

このオリコモールは経由するだけで良く、Orico Card THE POINTを使う必要もない。

更に発行から半年間は還元率2倍となり2%還元を受けれる。

この期間にオリコモールを経由して、Amazonでの買い物をOrico Card THE POINTを紐づけたKyashで支払えば、合計5%還元を受けれる(オリコモール1%+Kyash2%+Orico Card THE POINT2%)。

Orico Card THE POINTを発行する

P-One Wizカード

  • 還元率1.5%
  • 年会費無料
  • 1%は請求から自動値引き
  • ApplePay対応

基本還元率が1.5%と破格の還元率を誇るクレジットカード。

その内1%は請求から自動値引きなのも嬉しい。

残りの0.5%は1,000円につき1Pのポケットポイントが付与され、1ポケットポイント=5円分として電子マネーやTポイントなどに変換できる。

注意点として、このカードは初期設定がリボ払いとなっているため、ずっと全額払いへの変更が必要となる。

更に電子マネーチャージをはじめいくつかの対象外がある

【対象外】
サンリブ
マルショク
ポケットカードトラベルセンター
電子マネーチャージ
金券類
生損保等の各種保険料
ETCカード利用分
キャッシング利用分

この点は注意して使いたい。

毎月の固定費の支払いでは大きな力を発揮するのは間違いないだろう。

因みに僕のメインカードはコレである。

P-One Wizカードを発行する

以上、3つのカードは問答無用で発行してよいレベルだと思う。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

柴田ジュンヤ

2歳の息子が夢を持つ姿をみて「ハウッ!」と気づかされた33のオッサンが、伝えることを生涯のビジネスにするとの夢を持ち闘い始めた。「伝えられる人間」に俺はなる!!!

-お金活用術
-, , ,

Copyright© レビューの鬼 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.